スローライフの為の賢い時間の使い方を学ぼう。豊かな人生と時間の関係性。

赤ちゃんとおばあちゃん 郊外で子育て
うぐいす君
うぐいす君

時間ってあまり考えた事ないですが、先生は考えたことありますか?

ふくろう先生
ふくろう先生

若い頃はそれ程意識しませんが、歳を重ねる程に時間を意識するようになりましたね。

あなたは普段どのような時間を過ごしていますか?

パタパタと毎日時間が過ぎていく。昨日した事どころか、朝したことさえ覚えていない始末。

生きることに精一杯になった現代人が忘れた時間の過ごし方がありますよね。

暇を持て余すという事は無くなったのではないでしょうか?

年齢によって時間への感覚は異なります。子供の頃は長く感じていた時間も年々早く感じるようになりました。

時間の過ごし方を少し意識することで心に隙間を作ることが出来る方法をご紹介しましょう。

本当は暇な時間があるはずの現代人

時計

令和の時代を生きる我々には毎日が情報に溢れています。

昔からあるテレビやラジオ。加えて携帯電話の流行がありました。

一人一台以上持つようになったスマートフォン。必需品と言える最大のガジェットです。

しかし、この便利なアイテムが私たちの生活から時間を奪っているアイテムの一つ。

周りを見渡すと情報に溢れていることに気付くでしょう。今や情報が無いなど無いのかもしれません。

その生活が当たり前だと思っていることから、気づかないうちに人はストレスを感じています。ですが、蔓延る情報をシャットダウンすることは不可能と言えるでしょう。

情報は経済における重大なツールであり、コミュニケーションを取るためのきっかけとなる人類最大の発明と言っていいかもしれません。

情報とうまく付き合いつつ、ストレスを軽減しながら時間コントロールをしてみましょう。

プライベートの時間を大切にする

ハイキングを楽しむ女性

テクノロジーの進化により、いつでもどこでも情報が得ることが出来るようになりました。

仕事にも大きく関係し、リモートワークをはじめとする遠隔で働くことを可能にした現代。そして未来の働き方です。

今までの仕事は職場に行くが当たり前でしたが、ネットワークを主とする仕事ではどの時間、どんな場所に居ても仕事が出来るようになったのです。

利便性は格段に上がり、生産性も同じく向上。いいこと尽くしと思われるかも知れません。

しかし、プライベートと仕事の線引きがあやふやになってしまった事にお気づきでしょうか?

そう、プライベートの時間も仕事をするという事になるのです。

常に仕事のことが頭から離れない。休日に会社から連絡があり気になって仕方がない。そんな経験は現代では誰もがあるのではないでしょうか?

スマートフォンを離せない環境は、安らぎの時間の使いかとはかけ離れていますよね。

休日に家族や恋人と過ごす時間はリラックスができ、人間関係を育む大切。その水入らずを仕事の連絡が来るとどうなるでしょうか?

楽しく過ごしていた時間は仕事モードの切り替わり、気になって仕方なくなります。一度仕事が気になり始めてしまうと元のリラックスな気持ちに戻るには30分~2時間ほどかかると言われています。

せっかくの休みの日。大切な時間を2時間も仕事の事を考えてしまっては時間コントロールが出来ているとは言えませんよね。

そして家族、恋人にも「仕事だから」と言って不快な思いをさせてしまいます。

これは現代でごく一般的に行われていると思います。

仕事の状況、企業での立場、頼られている環境。ほんの少しの改選することで時間をコントロールし、ストレス軽減やプライベートの充実に意識を向ける時間を増やす事は可能です。

熱心なビジネスマンが人生最後に感じたのは儚さだった

黒い丸眼鏡

iPhoneを作ったスティーブ・ジョブス。

彼は世界最高峰のビジネスマンと言えるでしょう。

iPhoneと言うガジェットを世に送り出し、世界のパワーバランスを大きく変えた偉大なる人物。

凄い人、賢い人、素晴らしいイメージの持ち主ですが、亡くなるときの言葉を知っていますか?

スティーブジョブス最後の言葉

ジョブスは膵臓癌で亡くなりました。彼が療養中に残した言葉が印象的に残ってます。

ジョブスはビジネス界で大成功し、多大なる貢献をして歴史に名を残しました。

彼のビジネスは非常に緻密で情け容赦のない完璧主義者というのは有名な話。iPhoneと言う製品を生み出しましたが、ミスをした従業員を血も涙もなく切り捨てていたそうです。礼儀正しい人物ではありましたが、完璧に対する要求は誰よりも高かったのかもしれません。

そんな彼は病棟のベットの上でこう言葉にしたそうです。

仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。

人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた単なる事実でしかない。

たくさん得た富は死ぬときには持っていけない。持っていけるのは愛情にあふれた思い出だけだ。

これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるものあなたの道を照らしてくれるものだ。

人生は命。

あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。

あなたの家族のために愛情を大切にしてください。

あなたのパートーナーのために、あなたの友人のために。

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

他の人を大切にしてください。 

著書:スティーブ・ジョブズ 最後の言葉(抜粋)

読んだ時は衝撃でした。誰もが羨むジョブスの人生を本人が否定したと感じたのです。

自分でしなければならないことを賃金を払い代わりにしてくれる人はたくさんいます。車のドライバーであったり、ご飯を作るシェフであったり。

しかし、病気だけは誰も代わりになってくれることはありません。

当たり前だと思える事ですが、実際に予防をしている人はどのくらいいるでしょうか?

楽観的にとらえ、知らぬうちに蝕まれ悔いる話はよく耳にします。あえて無謀と知りながら大切な人を守るために無茶をする方もいるでしょう。

日本人は死についてネガティブなイメージしか持っていません。なぜならそのような教育をしていないからです。海外では宗教が死について学んだり、教育カリキュラムがあります。

死があるからこそ生を全うし、悔いの無い幸せを体験する。

この摂理は若かりし頃には全く気付くことは無い。

けれども、人生を半分ほど終える年になった頃。

人生をかけて守らなければならないものが出来た頃。

かけがえのない大切なモノを失う頃。

人は気づくのかもしれません。

あなたのためになる時間の考え方

うぐいす君
うぐいす君

時間を大切に使うっていうのはなんとなく理解はしましたが、実際何をしたらいいかわかりません。

ふくろう先生
ふくろう先生

難しく考える必要はありませんよ!周りを見渡してみれば出来ることたくさんあります。

時間は無くなるという考え方を理解しよう。

お金は貯める事が出来ますよね?銀行に預ける事も出来ますし、お財布に入れておいて使わなければ無くなりません。ですが、時間はどうでしょう?時間は何もしていなくても無くなっていきます。何かをしていても時は流れています。

時間とお金のとらえ方は全く違うという事を前提に物事を再構築しましょう。

自由時間を有意義に使うマインド

自由な時間をどのように過ごしていますか?スマートフォンを見たり、テレビを見たり、様々ですが、それはあなたが望んでする事でしょうか?暇だからテレビをつけてみたり、SNSを見てみたり。あなたが見たいと思っていることではなく、ただ時間あるから見ようとしているだけではないでしょうか?

受け身の活動をするよりも能動的な活動をすること。つまり自分が望んでしたい!と思う事の方が時間感覚が正しくなります。

例えば、仕事の休憩中にSNSを見て過ごすより。テスト勉強のために参考書を読む。このように自分で目標を立てる事で時間コントロールをしているという感覚になります。受動的ではなく自らが考え行動してますよね?時間を上手に使っているという意識につながります。

時間は意識をしないとただ流れていきます。そして人間には時間に限りがあり、誰もが同じ時間を過ごしています。

お金に余裕がある人、お金に余裕が全くない人とは違い、時間は誰もが公平に同じ時間を持っています。誰一人変わらず。ですが、時間に余裕がある人と時間に余裕がない人が存在します。

それが時間の使い方の違いです。

時間を自分の思い通りに使いこなすことによって時間が余ったような感覚になるのです。

そして、時間は外部要因で奪われていきます。暇だからゲームをしたり、なんとなく気になってSNSをしたり、上司から言われたことばかりする。これでは自分で判断していませんよね。自分で時間配分を決める事でコントロールしている認識が大切です。

時間の概念はとても不思議な感覚です。他人に使わされると貧困に感じ、自分で決めて使うと裕福に感じます。しかし、ただ時間を持て余してるだけの場合も貧困に感じてしまいます。

例えば、このような時間の使い方はいかがでしょうか?

家族団らん

家族でご飯

良くある朝のワンシーン。朝食は朝早起きをしてお母さんが作り、お父さんは新聞を読み、子供はなかなか起きてこない。お母さんだけが頑張って朝忙しい時間を過ごしています。

お母さんは時間が無いと感じていますが、お父さんは優雅な時間を過ごし、子供はまだ寝ていますよね。すぎる時間は全く同じでも感覚は全く違います。

この朝のシーンを続けているとどうなるか。お母さんのストレスが膨れ上がります。その後の展開は想像がつく事だと思います。

解決策は簡単。お父さんもお母さんと一緒に行動をする。子供は年齢にもよりますがのでケースバイケースでいいのではないでしょうか?

お父さんは仕事だから朝はゆっくりしたい。と言うのはお父さんのエゴです。お母さんがストレスを溜める理由にはなりません。二人で時間をゆっくり過ごせるように相談し工夫をする事が大切です。

この事例を休日の夕食に当てはめてみましょう。

ご飯はお母さんが作る。ではなく、家族で作る。と考えてみませんか?

休日を家族で食事をする場合、目的は家族で食事をする事です。

せっかく家族全員が家にいるのにご飯が出来るまでバラバラでテレビやSNSをしていては意味がありません。目的は家族が集まり食事をする時間共有です。

出来上がった料理を食べるだけの為に集まり、食べ終わると部屋に戻るという栄養補給だけの時間はあまりにも殺風景だと思いませんか??

せっかく家族が集まった時間。仕事や部活、塾など忙しい家庭では一週間に何度も無いでしょう。そんな限られた時間は大切に過ごす必要があるのではないでしょうか。

暇を持て余すくらいならば、家族全員集まってご飯を作った方がメリットが大いにあると思います。

まとめ

あなたのためになる時間と言うのはあなたにとって利益がある時間と言えますよ。

あなたにとって価値のある時間は周りの人にとっても価値があります。

人生にとって利益とはお金の事だけではありません。

人間の時間は何もしなくても消えてなくなってしまいます。

いかに時間を上手に使うかが人生を裕福に過ごす決め手。

流出していく時間から価値がある時間を取り出しましょう。

川の流れの中にいる魚を釣り上げるように。

流れいく時間から価値のある何かを取り出す幸せ。

たくさんお金を持っている人が必ず幸せになっているとは限りません。

理想としては必要なだけのお金とたっぷりの時間を入れる生き方。

まずは描いた生活でどれだけの金を稼ぐ必要があるかを決めるから始まります。

そして、時間の使い方によって幸福度は変化をします。

お金を稼ぐ事も大切ですが、時間を重視することにより豊か人生になることをお伝えしました。

郊外で子育て
Nicky.Cをフォローする
管理者
Nicky.C

スローライカーでは、郊外で暮らす素晴らしさを始めとした情報を発信しています。運営者は都心で過ごした20年間を経て、現在は郊外での新しい生活スタイルを選びました。 都心での生活経験と郊外でのこれからの生活の違いを発信するコンセプトで運営しています。 当ブログのノウハウはYouTubeやTikTokでも配信しています。

Nicky.Cをフォローする

関連記事(一部広告を含む)

郊外暮らしのSlow Lyker
タイトルとURLをコピーしました