憧れの注文住宅!打ち合わせの注意点とやっておいた方が役立つ知識

階段のある部屋 郊外のスローライフ
うぐいす君
うぐいす君

家を建てよう!!!

ふくろう先生
ふくろう先生

ホント簡単に言ってくれますよね・・・。鳥の寝床じゃないんですよ・・・。

マイホーム。人生におけるビックイベント。一般的には人生最大のお金を使う行事でと言えるでしょう。

そんなマイホーム。何度も打ち合わせをしてようやく完成した夢のマイホーム。

実際に住んでみると思っていたの違う!という事はどなたも経験があるのではないでしょうか?ちょっとしたことが不便であったり、こうした方が良かったと思う事は必ず出てくることです。

ここでは、新築で家を建てた後に出てくる「こうしておけばよかった」を限りなく減らすための知識を解説します。

注文住宅にありがちな失敗事例を交えながら注文住宅の不安を減らしていきましょう。

注文住宅の良いところは自分たちの思うとおりに希望できるところです。知識を持つことで理想のマイホームが完成できますよ。

注文住宅と建売住宅との違い

白が貴重なリビング
うぐいす君
うぐいす君

戸建てと注文って。家は家でしょ???

ふくろう先生
ふくろう先生

そうですよ!ぶっちゃけると値段の違いですよ!!

戸建住宅には大きく分けると2種類あります。

戸建住宅 × 注文住宅

建売住宅

土地とセットで販売されている新築分譲住宅を一般的に差します。いわば、パッケージ売りです。建売住宅は完成後に販売が開始される場合と、建築中に販売される場合がありますが、共通している事はどちらも設計が決定している点です。

宅地開拓される大規模分譲地。それは美しい統一された整った街並みが特徴です。新居として周りの環境が綺麗だと良くないですか?街づくりから始めているので住みやすい環境ではあるかもしれません。ただし、大規模で建設会社まとめて建てる場合多く、同じ系統の分譲住宅が並ぶことも多いです。

うぐいす君
うぐいす君

街並みは綺麗!!!住みやすい!!!ですが、個性があるかと問われると・・・。

建売住宅は一度にたくさんの住宅を作ります。資材をまとめて購入したり、工事を効率的に施工できるので注文住宅よりも割安になることが最大のメリットです。デメリットとしては設計段階での自由度がありません。あくまで、完成された物件をカスタマイズしていきます。

注文住宅

設計事務所や工務店などに依頼し、設計から一緒に家づくりを行います。図面を建築士と一緒に考えていく事で間取り・デザイン、内装材や外装材。全ての設備などを自由に決めることができます。

うぐいす君
うぐいす君

夢のマイホームはこうしたい!あんなふうにしたい!!楽しい!!!・・・でも・・・。

他にはない家を作りたい。自分や家族の好みの住まいを望む場合は注文住宅を検討される方が多いのではないでしょうか?

注文住宅は自由自在!何でもできる!!だから良い!!!

とは限りません。メリットも非常に多いですが、もちろんデメリットはあります。

建設会社、材質、図面、すべてにおいてこだわることが出来るので、理想の住まいが建ちます。何年もかけて図面を描き、思いを込めて作る。そうやって完成した家を見る時間はこの上ない喜びに浸ることが出来るでしょう。

ですが、デメリットもたくさん。お金がかかる。時間がかかる。手間がかかる。これだけ見るといいとこ無しですよね。家づくりを一から始めるという事は本当に大変。土地探しからはじめなければいけません。

また、素人がいきなりこうしたい!ああしたい!!と、すべて詰め込んだ設計をすると住みづらくなる事があります。建築基準法で出来ない事もあるので、自ら勉強する必要も出てくると思います。

うぐいす君
うぐいす君

めっちゃ大変やん・・・。

1.住宅の新築で失敗する理由

困る女性

「家は3回建てなければ本当のいい家は出来ない。そして土地は広いほうがいい。」

そんな口伝をご存じですか?

家は一生のうちに何度も建てるものではなく、初めて建てるという方がほとんどだと思います。理想と現実が違う、実際に住むと描いていたと生活と現実とギャップがあるなど、後からいろいろな問題が出てくることがあります。初めて建てる時はうまくいかないのが当たり前なのです。

ですが、住宅購入は人生で最も大きな買い物。ダダ失敗したでは済ますことが出来ません。できるだけ失敗のないように誰もがしたい。
失敗例をたくさん知ることによって想像を膨らませる。そして出来るだけギャップのない家づくりを出来るようにしていきましょう。

うぐいす君
うぐいす君

諸説ありますが、「家を3回建てる・・・」と言う口伝の意味をご存じですが?

うぐいす君
うぐいす君

1回目は夫婦で過ごす時、2回目は子供が増えた時、3回目は子供が育ち夫婦2人で過ごす時。そういった意味の3回なのです。

うぐいす君
うぐいす君

ライフスタイルの変化、子供、老後を踏まえての言葉。広い土地を購入と言う意味には増築の可能性を視野に入れているのです。

うぐいす君
うぐいす君

大工さんの知恵ですね。生涯過ごす家を建て続ける人たちが残した素敵な言葉の一つなのです。

間取りでよくある事例

LDKの大切さと暖房機能の重要さ

LDKは家族が共にする空間です。
住宅雑誌に載っている吹き抜けと階段のあるリビング。憧れも多いのではないでしょうか?
吹き抜けやリビング階段のあるLDKは暖房効率が悪くなる傾向があります。そのため「寒くて光熱費のかかる家」になってしまうことがあります。

リビングの階段は家族間のコミュニケーションがとりやすくなる反面、リビングをいつも整理整頓しておくことは幼い子供がいるご家庭には難しいです。アイランドキッチンやペニンシュラキッチンも、見た目はスタイリッシュですが、片付いていないと逆に目立ってしまいます。

暖房効率の解決策!

吹き抜けと階段のあるリビング。暖房効率の解決は断熱材、全館空調、床暖房、シーリングファンなどが上げられます。

住まれる地域にもよりますが、断熱材の有無を考慮しましょう。寒い地域にお住い場合は無くてはならない考えではないでしょうか?最新の断熱材は夏も涼しく、冬が温かい高性能の物があります。断熱材を2重、3重にすることによりお住いの気候に合わせた快適な気温調整ができますので、断熱材への予算は重要な考慮点です。

子供の寝顔

熱の伝わり方

熱は下から上にっ上昇します。吹き抜けにシーリングファンを取り付けることにより対流を作り温かい空気を循環させます。また、全館空調などの設備を導入する事で家全体の温度を均一化、循環が可能。外気温と内気温の差を減らすことでエアコンなどの光熱費低下も望めます。

また、床暖房は家を温めるには最適で生活空間の一番下から温める事で感じる寒さ軽減に効果的です。空気の乾燥も少なく、加湿器の必要はありません。

気温変化におる健康被害

寒暖差疲労と言う言葉をご存じですか?大きな気温の変化に対応できなくなる状態。健康な成人にも影響があり、年齢を重ねる程に健康被害のリスクが高まります。

ヒートショックによる死亡事故も年々増え、厚生労働省による人口動態統計によると2018年の段階で5398人。数字推計で現在では1万9000人という数字を出しています。

身体の冷えから現れる健康被害はもはや生活習慣病と言っても過言ではありません。部屋を暖めるだけでなく、家の温かい状態を保つことで寒暖差を無くし健康を保つ。健康への配慮は住居としての最大の着目点だと思います。

リビングを導線の中心とする考え方。

リビングを通らないと各部屋に行けないという導線についてメリットがたくさんあります。昔の家庭では各部屋にテレビが一台ないご家庭も多かったのですが、現在ではテレビではなくケータイやタブレットなどを使用し、部屋で過ごす事が多くなったのではないでしょうか?家族が戻ってきても顔を見ていない状況はさみしい限りです。

部屋に行く導線を必ず見える環境にすることにより会話が生まれ、必ず顔を合わせる時間を作ることにより家族とのコミュニケーションを取ることが出来ます。あえてそうすることにより家族が抱える不安や会話への糸口になります。

部屋に行く導線を必ず見える環境にすることにより会話が生まれ、必ず顔を合わせる時間を作ることにより家族とのコミュニケーションを取ることが出来ます。あえてそうすることにより家族が抱える不安や会話への糸口になります。

核家族、各家庭が増える現代においてコミュニケーションを取れる家づくりをするのも大切です。

子供部屋の失敗

子供部屋を仕切らない方法が流行りです。子供が2人、3人と増えて来てから考えるという為です。

壁を増築できるようにクローゼットやコンセントなどを配置しておきましょう。壁の増設は難しい作業ではなく、設計に組み込むことにより安易に設置が可能です。お子様が個室が必要になる頃に改めて家族で話しされることをおススメします。

寝室の失敗事例

寝室が狭かったという意見が思ったより多くあります。収納を兼ねたウォークインクローゼットも増え使い勝手の悪さに悩みを抱えています。

お子様が小さい頃は同じ部屋で共に過ごす事も多いと思います。ベットサイズも大きくなると予想できますので、部屋の大きさも配慮しておきましょう。

ウォークインクローゼットも設置も実際に使ってから現れる不便さがあります。収納の配置も細かくイメージすることで素晴らしい寝室が作れます。

夫婦の寝室が数年後には夫婦別々で就寝と言う事もよく耳にします。将来的な話も打ち合わせの一つとして話し合ってみるのも良いのではないでしょうか。

水まわりの失敗事例


トイレの設置場所にはいろいろな配慮があります。玄関からトイレの中が丸見え、排せつ音や流水音、と気になる点も多く意外と難しいのです。最新のスタイリッシュなトイレでは手を洗う機能がついていない場合もあり、トイレ内に手を洗う場所を作る必要性も感じられます。

洗面所、脱衣所、トイレなどの水回りは排水管の都合上近くに設置されることがあるので事前に打ち合わせる必要があります。

玄関の失敗事例

玄関が狭いと意外とストレスを感じる事が良くあります。玄関は家の顔ともいわれ、来客がある際に尾印象は大きいのではないでしょうか。居住を考えるあまり玄関が狭くなってしまった事例は多いです。

ウォークインシューズクロークはあると便利なのですが、理想の活用方法が出来ていないご家庭も少なくありません。スペースをとるわりに靴の収納としての使い勝手は良くないのです。

我が家

はウォークインクロークを作る予定のスペーはを用意はしましたが、あえて収納棚を作っていません。少し生活をし、来客用玄関導線と住民用導線をうまく配置できるかを改めて考える必要があると考えました。自らDIYにて作る計画するもよし、ハウスメーカーに注文するもよしだと考えます。玄関でのコートの脱着は花粉症対策の為や、将来子供の荷物を収納するスペースの確保、使い勝手の良い理想のウォークインクローゼットを考案中です。

収納の失敗事例

収納は多い方が良いとされがちですが、大きすぎる押し入れやクローゼットは意外と使い勝手が難しいところがあります。

サイズ感のある物は事前に収納場所を考えておきましょう。クローゼットの中に掃除機などを入れる場合、電源コンセントを配置があった方が便利かもしれません。収納場所をある程度決めておくことであとから付け足しづらいコンセント配置や棚を作成しても良いと思います。

設備や家具に関するよくある事例

アイランドキッチン

機能のこだわり

住宅設備の進化は日々進んでいます。リゾートのようなシステムバス。テレビやプロジェクター、オーディオ機器などのスマートホームシステム。大切な車を守る車庫やカールーフ。庭、屋上の設置。シンボルツリー。あれこれも欲しくなってしまいますが、その分コストも上がってしまいます。コストをかけたのに必要なかったという場合が一番つらい状態です。

システムキッチンは高さが重要です。ご家族の身長を配慮しキッチンの高さを決めましょう。毎日の食事を準備する場所を快適にする大切なことです。他にも食器洗い乾燥機、浄水器、換気扇の形など使いやすさ、掃除のしやすさなども考慮してみるといかがでしょうか。ショールームい足を運んでみるのも良いかもしれませんね。

コンセントは位置と数に注意

コンセントが足りない問題は昔からよく聞く事案ですが、最近では設置しすぎて家具と干渉してしまうなどの失敗もあります。

テレビ配置を壁掛けにする場合はコンセントを高めに設置したり、玄関にも一つあった方良かったり、ソファーを置くスペースの真下に設置をしたりと注文住宅ならではの発想があります。コードレス掃除機やWi-Fi設備置き場、カップボード付近など家電が多く置かれるようなところはより話し合う必要があると思います。

家具の配置はある程度決めておく

大きなソファーや重たいピアノ、壁掛けをしたい場合などは事前に場所を決めておくことをおススメします。

ピアノなどは床を強化する必要がありますし、テレビなど壁掛けをする場合も重量に耐えれるような壁にする必要があります。床や壁を強化する場合は工務店等に事前に申告し図面設計してもらいましょう。

窓のは多すぎず少なすぎず

自然光を取り入れるために大きな窓を付ける際の注意点は遮光をどうするかを考えましょう。

道路や近隣の窓の位置の考慮。直射日光の方法を考えておかないと常にカーテンが閉まったままの家になってしまいます。また、温熱にも大きく関係する窓。やたらめったらと配置してしまうとデメリットも多くなるので注意が必要です。

理想の新築への道のり

図面

新築につきものの「失敗」。ポイントを押さえておくことでプランニングをうまく進行し回避することができます。

可変性のある間取り

長年生活をすると必ず出てくるのが模様替えです。家族の成長、気分転換などの要素で模様替えをすることは必ずありますが、可変機能が無い場合は大きな失敗の一例です。


クローゼットや収納内部は棚やラックを置くスタイルの方が柔軟性あります。ダウンライト、エアコン配管、コンセント、電気スイッチは後々動かすことが難しいのでの注意が必要です。

導線の配慮する。

回遊動線は人気で家事効率は向上しますが、こだわりすぎると生活動線に支障がある場合もあります。

普段の生活で主となる導線を重要視することでストレスは軽減されていきます。ゴミを出すための方導線や買出荷物の貯蔵場所パントリーの設置、洗濯物を干す導線など日々の動きを入念にイメージすることでこれはここにあった方が便利、このスイッチはここの方が楽などの意見が出てきます。

「動線は短くシンプルに」基本はこう考えておけば大丈夫です。

家族と話し合いをしっかりとする。

外を見る親子

「夫婦は同じ部屋で寝る」「子供部屋は2つ」「キッチンはアイランド」などなど。
夢のマイホームを思い描くことは素敵なことですが、それを自分だけで留めずに何度も時間をかけてパートナーと話し合う事が大切です。

主人の仕事の都合上、夫婦別の部屋で寝たほうがよい場合もあるでしょう。和室が全くいらない場合、和室が必ずほしい場合、リビングに勉強スペースを作る、書斎スペース、趣味のスペースなどどのご家庭にもそれぞれの想いがあります。たくさんの知識を得て共有し、話し合う事でより良い新居のプランニングが出来るはずです。

生活スタイルに合ったプランニング

家を新築するは地域や職業、家族の人数、他にもたくさんの変える事の出来ない要素、変わっていく要素が混在しています。

新しい家を建てて生活し、共に変化していく事でより良い家になっていく事も新生活の楽しみの一つです。新築プランニングの段階では、完璧な家づくりのスタート地点です。理想のマイホームに近づけるためのより良いプランニングをしていきましょう。

提案力のあるハウスメーカーに依頼!

正直なところ、新築で失敗するかしないかは、ハウスメーカーの技量です。家づくりはとても大変な作業です。将来的に住む環境を決め、土地を探し、ハウスメーカーを検討し、素晴らしい提案量のあるメーカー、営業マンを見つける事が近道です。

メリットだけではなく、デメリットも伝え、さらにアドバイスをしてくれる企業を見つけることが、新築での失敗を防ぐための最善といえるでしょう。

まとめ

図面を書く職人

注文住宅は建て売りの分譲住宅とは異なり、希望どおりの間取りとデザインで家を建てられることが最大の特徴。
逆に言うと、何の知識もなく話を進めてしまうと、取り返しのつかないような失敗をしてしまう可能性もあります。しかし、たくさんの事例、検証を行う事でプランニングでの失敗を回避することができます。

ご家庭でたくさん話し合い、実績豊富で信頼できるハウスメーカーを見つけることが大切です。ハウスメーカーの営業担当者とともに、理想の新築計画をしていきましょう。

郊外のスローライフ
Nicky.Cをフォローする
管理者
Nicky.C

スローライカーでは、郊外で暮らす素晴らしさを始めとした情報を発信しています。運営者は都心で過ごした20年間を経て、現在は郊外での新しい生活スタイルを選びました。 都心での生活経験と郊外でのこれからの生活の違いを発信するコンセプトで運営しています。 当ブログのノウハウはYouTubeやTikTokでも配信しています。

Nicky.Cをフォローする

関連記事(一部広告を含む)

郊外暮らしのSlow Lyker
タイトルとURLをコピーしました